THE SUTRA MUSEUM

作品紹介

扇面妙法蓮華経冊子

  • 扇面妙法蓮華経冊子
  • 扇面妙法蓮華経冊子
  • 扇面妙法蓮華経冊子
  • 扇面妙法蓮華経冊子
  • 扇面妙法蓮華経冊子
  • 扇面妙法蓮華経冊子
  • 扇面妙法蓮華経冊子
  • 扇面妙法蓮華経冊子
  • 扇面妙法蓮華経冊子
  • 扇面妙法蓮華経冊子
  • 扇面妙法蓮華経冊子
  • 扇面妙法蓮華経冊子

作品解説

紺紙に金と白金泥で書いた装飾経。大阪四天王寺の国宝「扇面法華経冊子」を参考として、一巻ごとに装飾の趣きを変えて作つである。表紙の絵柄も「宝相華唐草」「牡丹唐草」など、一冊ごと異った模様にし、本文の装飾は一、四、五、八巻は罫線を引き、一巻と八巻は金・白金泥の交書とした。二、三、六、七巻は罫線を引かないで、天地に色を入れて、その上に金・白金の砂子と箔を置いてある。また飛天や楽器、蓮の花などを描いて豪華に装飾してある。 見返し絵も一冊ごとにその経文の内容に応じて、金・白金の泥や砂子、箔をもって仏様のお姿を描いてみた。

一覧に戻る