THE SUTRA MUSEUM

作品紹介

楽毅論

  • 楽毅論
  • 楽毅論
  • 楽毅論
  • 楽毅論

作品解説

天地一〇二×左右二三センチ。

東晋の王羲之が書いたとされる法帖。魏の夏侯玄が戦国時代の将軍楽毅について、その王道にのっとった戦いぶりを説いた文章。古来、王羲之が書いたものが有名で、日本では、正倉院宝物の光明皇后の臨模本がよく知られています。仏教経典ではありませんが、書の手本として書いてみました。

一覧に戻る