THE SUTRA MUSEUM

作品紹介

魏體千字文

  • 魏體千字文
  • 魏體千字文
  • 魏體千字文
  • 魏體千字文

作品解説

天地一三六×左右七三センチ。

子供に字を教えるために用いられた漢文の長詩で、千の異なる文字が使われました。梁の武帝が文官の周興嗣に文章を作らせたもので、皇帝の命を受けて一夜で千字文を考え、皇帝に献上した時は昨日までの黒髪が白髪に変わっていたという伝説があります。文字は能書家の王羲之の字を、殷鉄石に命じて模写集成させて、書道の手本にしたといわれます。この作品も写経ではなく、書の手本として書きました。

一覧に戻る